ニオイ対策をしよう

アパートの干してある洗濯物

梅雨の季節はどうしても外に洗濯物を干せないので部屋干しになります。
部屋干しの場合には外に出して乾かすのと違って一遍にからっと乾くのではないため、どこかしら湿った感じがします。
梅雨の時期はどうしても部屋干しになるためしょうがないのですが、その場合には洗濯物は独特な臭いがすることが多いです。
生乾きの臭いはそのまま洗濯物に残ってしまうことが多いでの、最近の洗剤や柔軟剤の中には消臭効果の成分の入ったものが発売されています。
部屋干しの季節でもさわやかな匂いだったり、花の匂いだったりといろいろを選択できます。
また匂い成分の入った洗剤や柔軟剤もあり、洗濯物を着て時間が経過しても、更に匂いが続く成分でいつまでもいい香りが続きます。
外干しできればそのような対応はしなくてもいいのですが、部屋干し特有の問題でこの期間だけでもそのような洗剤や柔軟剤を使用すれば、周囲に対し気にしなくても部屋干しした洋服を着ることができます。

梅雨のような夏場は汗をかくため汗の臭いがします。しかも満員電車等に乗車していると周囲の人の服の臭いが気になり、同様に自分の服の臭いが気になります。
そのようなことがないように、部屋干しの季節でもいい匂いが続く洗剤や柔軟剤で洗濯することは必要であり、自分自身が嫌な思いをしないように対応しておくことも必要です。
柔軟剤等に含まれるいい匂いの成分の効果が続くことで汗の臭いもカバーしてくれることも期待できます。

浴室乾燥機も雨の日に使うと便利です。

ストテキストテキストテキストテキスト

洗濯のテクニック

物干しの洗濯バサミ

梅雨時期や雨の日などの時に洗濯物を部屋干しすることが多いですが、部屋干しをすると洗濯物に菌が繁殖して、いやな生乾きの臭いを発生させることが多いです。
部屋干しする場合は、抗菌作用がある洗剤や部屋干専用の洗剤などが市販されているので、このような洗剤を使用すると雑菌の繁殖や生乾きの臭いを軽減させることができます。
柔軟剤はさまざまなフレグランスの物がでていて、時間がたっても香りが持続する柔軟剤もあるので、このような柔軟剤を使用すると嫌なにおいを抑えることができて、お部屋のなかも良い香りがするので利用すると良いです。
柔軟剤は衣類を柔らかくする作用もあり、肌触りが良くなるので使用すると良いです。
洗剤や柔軟剤はよくすすぐようにしないと雑菌が繁殖することがあるので、よくすすぐようにしましょう。

洗濯機本体の洗濯槽の掃除も重要になります。洗濯槽専用のクリーナーで定期的に掃除をするとカビや雑菌を抑えることができて、洗濯物にカビや雑菌がつくことを防げます。
お風呂の残り湯の使用は辞めた方が雑菌の繁殖を抑えることができます。
洗濯槽に洗濯物を詰めすぎないようにすることがポイントになります。
詰め込みすぎると洗浄力が落ちてしまうからです。
部屋干しはなかなか洗濯物が乾きにくいので、いろいろなものを有効利用すると早く乾かすことができます。
扇風機の風をを洗濯物にかかるようにしたり、除湿機を置いたりすると衣類が早く乾きます。
浴室乾燥機も雨の日に使うと便利です。

カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ
カテゴリー